セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間、医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)により、税金の控除を受けることができます。

セルフメディケーション税制とは?

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として、「定期健康診断」、「がん検診」、「予防接種」、「特定健康診査」、「健康診査」を受けた人が、同一年内(1月~12月)にスイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その年間購入費用が1万2千円を超えた場合(生計同一の家族分は合算できます)、超えた金額(8万8千円を超える場合は、8万8千円)について所得控除を受けることができます。

セルフメディケーション

ただし、従来の医療費控除を受ける薬品購入代は対象外です。従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のうち、どちらを利用するかは、本人が選択します。

特例を受けるには?

<スイッチOTC医薬品一覧>

対象の医薬品については、厚生労働省のホームページをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

<定期健康診断等を受けたことがわかる書類>

定期健康診断
結果通知表(勤務先名の記載または「定期健康診断」と明記されているもの)
市区町村のがん検診
領収書(原本)または結果通知表
インフルエンザ等の予防接種
領収書(原本)または予防接種済証
特定健康診査
領収書(原本)または結果通知表(保険者名の記載または「特定健康診査」と明記されているもの)
健康診査
結果通知表(保険者名の記載があるもの)
  • 保険者名の例「オートバックス健康保険組合」「〇〇市国民健康保険」など
  • 上記の記載がない場合は、別途証明書が必要です。詳細はお問い合わせください。
  • 結果通知表については、写しによる提出も可能です。結果部分を黒塗りしても差し支えありません。

<スイッチOTC医薬品を購入した領収書>

  1. 品名
  2. 金額
  3. 当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である旨
  4. 販売店名
  5. 購入日

 が明記されている領収書(レシート等)が必要です。

ページトップへ