11月14日は世界糖尿病デー ~世界が青に染まる日~


糖尿病について日本では4人に1人以上が、糖尿病を強く疑われる人、糖尿病の可能性を否定できない「予備群」の人、であるという統計があります。「糖尿病」はとても身近な病気なのです。

<世界で10秒に1人の命を奪う糖尿病>

糖尿病は、一般的に死に至る病気との認識は薄いのですが、この数字はAIDSによる死者に並ぶと言われています。
これだけ世界的に拡大している糖尿病に対して、社会的な関心を高め、糖尿病の治療と糖尿病合併症の予防に積極的に取り組み、コントロールする意欲を高めようという目的で世界糖尿病デーが決められ、啓発活動がスタートしました。

<世界が青に染まる意味>


11月14日は世界の各地が青に染まります。世界糖尿病デーのシンボルマークは、青色の「輪」です。これは、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を意味しています。そのため、世界糖尿病デーのイベントとしてブルーライトアップを行っているのです。日本でも今までに東京タワーや、東京都庁がブルーライトアップされたことがあります。今年は横浜マリンタワーや京都タワーなど各地でライトアップが予定されています。
1年に1度の世界糖尿病デーには、ぜひ自分自身の生活や健康を考える機会にしましょう。

<糖尿病の何が恐ろしいのか>

健康診断の結果で血糖値などの糖尿病に関する数値が高くても、身体に何の症状もない。これが糖尿病のやっかいなところです。
数値が高い時点で、身体が糖尿病に向かって進んでいるのです。糖尿病と診断される状態となっても、自覚症状がないこともあります。
糖尿病は静かに進行し、そして気がついた時には糖尿病の影響で全身がいくつもの病気になっている。これが糖尿病の恐ろしいところです。透析や失明、足の切断をしなくてはならない状態になることもあります。糖尿病は自分の生活や生き方、人生にまで影響を与える病気なのです。

<糖尿病予防のために今からできること>

糖尿病予防のために何から始めるか?⇒ 自分の状態を知らなければ、対策はできません!


まずは「自分の結果を知ること。」まだ結果のない人は「健診を受けること。」です。
数値が高くなる前はもちろんですが、数値に指摘が出る早い時期から対策を行うことで、悪化を防ぐことができます。まずは自分の状態を確認しましょう。確認した結果、受診の必要がある場合は、早急に受診をしてください!
ご自分の健診結果について相談や質問などがございましたら、健康管理室までご連絡ください。
糖尿病予防の方法については、次月のコラムでご紹介いたします。

<参考>:糖尿病ネットワーク、世界糖尿病デー、厚生労働省