やっていますか?あなたのからだのマネジメント!!~知っておこう健康診断の活用術~

毎年の健康診断受けていますか?健康診断を受けることで今のあなたの健康度がわかります。特に自覚症状がないから健康だと思っているあなた! 自覚症状がない = 健康  ではありません!!
健康診断を活用してからだのマネジメントをはじめましょう!

健康診断の活用術

◎まず健康診断を受診する
受けないと始まりません。「まず受ける」ここからスタートです!!
“健診”は、健康であるか、病気になる異常があるかないかを調べる検査のことをいいます。
“検診”は、特定の病気(がん)があるかないかを調べる検査のことをいいます。
(例:胃がん検診、子宮がん検診など)

健康診断を受ける時には、健診と検診の両方を受けることが大切です。
健診で異常がなくても、検診で病気が見つかることもあります。

◎健康診断結果を見るポイント

1.判定を確認する!
「要精密検査」「要医療」「要治療」
様々な言葉の表現があり、施設によって異なりますが、病院に受診する必要があるという意味です。優先順位が「受診すること」になります。まず病院の外来を受診しましょう!!
「経過観察」
文字通り、経過を観察する必要があるという意味です。異常なしではないので、そのまま放置していいものではありません。生活改善が必要な項目であれば、経過観察の期間で改善に取り組み、取り組んだ結果、どのように数値が改善できるかを確認するための期間となります。

2.過去の結果と比べる!
結果としては異常なしでも、過去の結果と比べ経年的に数値が悪化しているものは、何も生活を変えなければ、次の健診でも数値が上がる可能性があります。異常値になることを予測し改善することで、悪化をくい止めることができる可能性があります!
早め早めの対策が、からだマネジメントの基本です。

3.わからないことは聞く!
結果を見て、わからないことや、気になること、心配なことは、きちんと解消しましょう!
健診を受けた施設に問い合わせる、会社の医療職に聞く、かかりつけ医に聞くなどの方法があります。今後の対策を立てるため、安心して生活するために必要です。

◎改善に取り組む!

健康診断の結果で、どこに問題があるかがわかったその後は、問題を改善するために生活を改善に取り組みましょう!!

☆肥満の方
肥満は万病のもと言われ、生活習慣病を招きやすくなります。肥満の方は、まず体重のコントロールから始めましょう!次の健康診断は、今回より少しでも体重が減った状態で受けることを目標に取り組んでいきましょう。体重が変わることで、数値も改善できる可能性が十分あります!



☆肥満のない方
肥満がなく数値に異常が見られる場合、食事、運動に偏りがあることが考えられます。生活を振り返ってみましょう。食事の内容や時間、からだを動かす機会はいかがでしょうか?
偏りがある習慣から改善に取り組んでいきましょう。習慣が変わることで改善できる可能性があります!

新年度からの健診を受ける前に、もう一度あなたの健診結果を確認してみましょう!
指摘を受けている項目があれば、4月以降に受ける健康診断で自分の状態を確認しましょう!
健康診断を受けて、からだのマネジメントをスタートしていきましょう!

オートバックス健康保険組合は、加入者の皆さまが健康づくりに積極的に取り組んでいただけるよう、健康診断の補助を行っています。2014年度の健康診断のご案内を被保険者の方へは3月中、被扶養者の方へは4月中にご自宅へお届けいたします。
2014年度からの健康診断は、年齢や性別に合わせた受診コースを選定できるように変わります。
ご案内をお読みいただき、ご自身の健康管理のために積極的にお受けください。