長休み うっかり食べ過ぎ 正月太り 思い当たる人は・・侮るなかれ!!

多忙な生活から解放され、皆様思い思いの年末年始休みを過ごされたことと思います。
友人や親戚の集まり等、会食の機会も多かったのではないでしょうか。お正月後に体重が増える人は実に70%にも上るといわれています。脂肪が体に定着してしまわないように、今日から生活改善を始めましょう!

お正月太りはなぜ起こる!?
日ごろ忙しく動き回っていることが多い人も、年末年始休暇中はおうちでゆっくり。会食の機会も多く、お酒もすすんでしまいがち。ごろごろしながら常に何かをつまんで過ごしているうちに、あっという間にお休みが終わっていて、久しぶりに体重計にのってみたらビックリ!あなたは大丈夫ですか?
摂取カロリーの増加、活動量の減少、そして冷えでも、血流やリンパの流れが悪くなるため肥満は進みます。寒くて出かけず、一日中飲み食いをしていたら、太らないわけがありません。
脂肪は、ついたばかりのものより、時間がたち定着してしまったもののほうが落ちにくいといわれています。
そこで!!
お正月についてしまったその脂肪、定着させないためには時間との勝負です。さっそく今日から元に戻しに取り掛かりましょう!!

① 食事・間食を見直しましょう

食事の量を減らそうとするとストレスも大きく続きません。断食は逆効果になることもあります。まずはお酒や油もの、甘いものなど、太りやすいものを減らすように心がけましょう。肉・魚・卵・豆腐等のタンパク質を減らすのも、代謝や抵抗力を下げるためお勧めできません。お肉は鶏肉や赤身肉等、脂肪分の少ないものを選ぶといいですね。ごはんなどの炭水化物は、気持ち少なめにしてみましょう。また正月に食事量を増やしていると、胃が大きくなってしまっているかもしれませんので、量を減らしても満腹感が得られるように、よく噛んで食べるといいですよ。空腹時には野菜から食べ始めるのも、血糖値の急激な上昇を抑えるために大切です。

食べるものと量、食べ方について、少し見直してみてください。

② 積極的に体を動かしましょう

まずは通勤等の移動の際に、いつもより少し頑張って体を動かすように心がけてみてはいかがでしょう。一駅分歩く、階段を使うだけでも活動量は変わります。余裕があれば、休日に散歩やサイクリングに出てみたりするのもいいですね!寒いときは体の体温を保つために、人間はエネルギーを消費するので寒いときに体を動かすのは、大きなエネルギー消費になるのです。重い腰を上げて、外に繰り出してみましょう。
また、この機会にスポーツクラブへの入会も検討されてはいかがでしょうか?
1月17日から入会キャンペーンを行います!

ルネサンスキャンペーン

③ 体を意識的に温めましょう

内臓が冷えると胃腸の活動力が低下し、消化吸収能力が悪くなるため太りやすくなります。また血流やリンパの流れが悪くなることでも代謝が落ち、特に下半身太りの原因となります。首・手首・足首等太い血管が流れている部位を出していると体が冷えてしまいますので、マフラーや手袋、靴下等で寒くないようにしましょう。また、胃腸の消化機能をよくするためにも、飲み物を温かいものにする、食事前に温かいスープをとる、湯船につかる等、体の中から温めることも効果的です。

また忙しい日々が始まってしまいましたね。毎日お疲れ様です。生活リズムが乱れていた方は、日常に戻ることも大変かと思いますが、年明けの気持ち新たに、生活習慣を見直してみるきっかけになれたらと思います。