年に一度の健康診断

年に一度の健康診断

健康診断必ず受けて・・・自分の健康状態しっかり把握しましょう!!

4月になり、だいぶ春らしい日々になってきました。環境が変わった方も多いと思いますが、みなさん元気に変わりなく過ごされているでしょうか。バタバタとあわただしい毎日で、季節の変わり目でもあり、体調が崩れやすくなります。体調管理もしっかり行い、自分の「ココロとからだ」にいつも以上に気をつかってあげてくださいね。

ココロとカラダ

さて、今日は年に一度の定期健康診断についてのお話です。これから今年度の「オートバックス健康ドック」のお知らせがお手元に届くと思います。この健康診断は必ず受けていただきますが、せっかく受けるのですから、不安や疑問がない状態で受けていただきたいと思います。そしてしっかり自分の身体を調べて、自分の健康状態を知りましょう。

なぜ受けなければならないの?

普段私たちが病院に行くのは、何か自覚症状がある時が多いと思いますが、健康診断では、初期の段階でほとんど自覚症状のない、「生活習慣病」を早期に発見し、悪化させないようにする目的があります。この生活習慣病、悪化させると命に関わるような病気につながっていく可能性が高まります。早いうちから手を打つことが重要です。
健診結果また、毎年の健康診断の結果を見比べて、自分の身体や生活習慣の傾向を知ることも大切です。生活習慣を改め、病気の予防に役立てるきっかけになればと思います。自分の身体の状態を把握することができる、情報収集の役割です。
その他「がん検診」。これも初期には自覚症状があまりないと言われるがんを、早期に発見するための検診です。進行の早いがんもあるため、早期の状態で発見するには毎年受けることが望ましいのです。

オートバックス健康ドックについて

それは、法律で必ず受けるよう決まっている法定健診と、オプションで選ぶことができるがん検診が組み合わされています。
法定健診法定健診とは、身長,体重,腹囲,血圧,視力,聴力等の測定項目、採血採尿、肺レントゲンや心電図から成り立ちます。さらに問診と診察があります。肥満や血圧・コレステロール・血糖値が高い状態が続くと、生活習慣病発症に大きくかかわりますので、健診結果で特定保健指導の対象になるなど、生活習慣の改善が勧められます。

また、がん検診も充実しています。
がん検診は、検査によってやることが異なるので、「どんな検査をするのだろう」と不安に思って敬遠してしまったり、「まだ大丈夫、関係ないよ」とお受けにならない方もいらっしゃいますが、

それではダメ!!

がんは、早期発見・早期治療で治る病気になってきました。なによりも早く見つけることが大切です。がんによって好発年齢が違うため補助に年齢制限があります。これからお手元に届く案内をご確認ください。
健康診断を受けていただく際に、社員(被保険者)には受診方法が2種類あります。

①巡回健診/レディース健診

勤務先の事業所で行われる集合健診です。昨年と違い、この健診でもがん検診(胃部内視鏡以外の)を受診していただけるようになりました。さらに喫煙者の方は、「スパイロメータ」という、肺機能検査を受けることができます。また、女性には、ご自宅近くのホテルや公共施設のプライバシーに配慮した空間で「子宮がん」「乳がん」検診を受けていただくことができます。(レディース健診と呼んでいます。)

②医療施設健診

ご自身で医療機関を決めてご予約いただく健診です。この健診のメリットは、胃部内視鏡を含むオプション健診を同時に受けていただけることです。また巡回健診のない職場の場合はこの健診となります。

ご案内これからお手元に届く健康診断の案内をご確認いただき、ご自身に合った方法で、9月末までに必ず受診してください。

そして被扶養者(30歳以上の)であるご家族のみなさんも、必ず健康診断を受けましょう。被扶養者の方はレディース健診と医療施設健診で受診できます。また、がん検診の対象年齢を必ずご確認ください。

ヤエより