【歯と口の健康週間】最近いつ歯医者さんに行きましたか?

最近いつ歯医者さんに行きましたか?

最近いつ歯医者さんに行きましたか?
歯と口の健康のために・・・いつまでも自分の歯でおいしく食べるために・・・・
歯医者さんで定期健診しましょうね!!

歯医者さんでの定期健診皆さんは、常日頃、どんなタイミングで歯医者さんに行きますか?
歯が痛みだしたとき、食べ物・飲み物がしみるようになったとき、いやはや痛くても行かないなんて方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな皆様に、今回は6月4日~10日の『歯と口の健康週間』に合わせて、歯医者さんでの定期健診をお勧めしたいと思います。

『歯と口の健康週間』の話を少しだけ。

これは、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的に制定されました。2015年の標語は

「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」です。

8020運動そのほか80歳まで自分の歯を20本以上保とう!という
「8020運動」という取り組みがあります。これは、20本の歯があれば、ほとんどの食べ物をかみ砕き、おいしく食べることができることから、年をとっても自分の歯でおいしく食事をとることを目標にしよう、とつけられたものです。
80歳まで自分の歯を20本残すためには、歯と口を今のうちからしっかりケアしておかないと、なかなか大変なことです。

お口のトラブルは『早期発見・早期治療』

今、歯医者さんでは、虫歯や歯周病などの“治療”が主で、それに加えインプラントなどの高額な“先進治療”が増えているという現実があります。セルフケアも十分でなく、歯と口の健康に対する“予防行動”は、まだまだ活発に行われていません。

しかし、将来的には歯科健診事業が発達し、歯科のセルフケアや予防医療が進んでくるとされています。虫歯も歯周病も、お口のトラブルは『早期発見・早期治療』。これが当たり前になる活動が広がっていきます。早期に介入した場合の自覚症状もないような虫歯は、大掛かりな治療を必要としないことが多く、時間もお金もかからずに、痛みもずっと軽く済みます。歯医者さんを定期的に受診していれば、虫歯になるのを食い止めることもできるでしょう。虫歯がなくとも、定期的な歯石除去や歯のクリーニングで、口腔内の健康を保つことができます。

早期発見・早期治療

そのためには、日々の積み重ねと心がけが大切です。ブラッシングをはじめとした、毎日の口腔衛生と、歯医者さんでの定期健診。これで、いくつになっても自分の歯で、おいしく健康に過ごす一歩になるのではないでしょうか。歯医者さんでの定期受診は、年に2回行きましょうと言われています。

おいしく食べて健康に!

歯と口の健康をいつまでも保つためにも、「痛くなってから行く」ではなく「痛くなくても行く」にぜひ今日から、意識を変えていきましょう。そしてみんなで80歳になっても20本の歯を保ち、自分の歯でおいしく食事をとりましょうね。

コーヒーブレイク

トマト冷やしておいしい「トマト」
みなさんは、どのようにして食べてます??

実はこのトマト、おいしいだけじゃないんです。
ご存じの方も多いと思いますが、栄養タップリなんですね。

その代表格が「リコピン
悪玉コレステロールの酸化を抑え、生活習慣病から身体を守る成分の一つと
いわれています。(ジュースにするとさらにGood!!!)
おいしくて栄養満点。とってもお得なトマトで暑い夏を乗り切りましょう!