男性にも起こる。「更年期障害」について 考えてみませんか。

「更年期障害」について考えてみませんか。

3月1日~8日は女性の健康週間でした。この機会に、女性も男性も、聞いたことはあるけれど、よくわからない!?「更年期障害」について考えてみませんか。男性にも起こるのですよ。

昨年もこのコラムでお知らせしましたが、3月1日~8日は「女性の健康週間」と定められ、女性の健康づくりを推進するために、国や地方自治体などで様々な活動が行われました。
そこで今回は、女性から多い相談のひとつ、更年期障害についてのお話をしたいと思います。

女性の健康週間

そもそも更年期とはそもそも、更年期とは・・
更年期とは、性成熟期と言われる20~30歳代と、60歳代から迎える老年期の間、女性ではライフイベントの一つ、閉経を挟んだ期間のことを指します。閉経の平均が50歳前後と言われているので、更年期は45~55歳の10年間ほどの期間です。

エストロゲンの分泌

エストロゲン40歳を過ぎると卵巣機能の低下が起こり始め、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌も減っていき、ホルモンバランスが崩れます。エストロゲンの分泌は脳の視床下部という場所からの指令によって起こりますが、その指令に卵巣機能がだんだん答えることができなくなります。指令を出しているのにエストロゲンが分泌されないことで、自律神経の調整も行っている視床下部がパニックを起こし、自律神経失調のような心身の症状があらわれます。これを更年期症状と呼び、日常生活に支障をきたすような場合を更年期障害と呼びます。

更年期によく起こる不調症状の例

この更年期の時期は、ホルモンバランスの乱れだけでなく、自身の体力の減少や女性らしい体の変化、自身や夫の昇進や退職、子供の進学や独立、親の介護、身近な人の死など、生活環境の変化もあり、大きなストレスを抱える時期でもあります。
そういった中での不調は、重症になってしまう場合もあります。

そこで、こんなことに気を遣ってみませんか。

まずは食生活の見直しを

食生活の見直しを乱れた食生活は、更年期の症状を悪化させる原因となります。バランスのとれた食事をとることが大切です。
また、一時期マスメディアなどで話題になった大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きを持っているので、症状改善の効果が期待できると言われています。お豆腐やお味噌、納豆など、大豆製品を食事に取りいれてみてはいかがですか?

イライラ気分を解消する方法をみつける

イライラ解消ホルモンバランスの乱れで、どうしてもイライラしてしまうこの時期。気分転換できることをみつけましょう

例)外に散歩に行く。好きな音楽を聞く。お風呂にゆっくりつかる。アロマをたく。新しい趣味をみつける。など

休息・睡眠の時間を大切に

休息・睡眠時間を大切に中には眠れない症状が出る方もいますが、リラックスして横になって休める環境を整えることで、身体も心も休まります。睡眠不足は様々な不調のもとになりますので、時間はしっかり確保できるように心がけたいですね。

そして辛い症状が出ている方も、だんだんとホルモンバランスの変化に身体が適応していくので、次第におさまっていきます。あまり思いつめないでくださいね。
それでも辛いときは、ぜひ婦人科に受診して医師に相談をしてみてください。ホルモン療法や漢方などで、症状が改善することもあります。

優しい言葉男性のみなさんも、奥様やお母様、同僚などが更年期の不調で苦しんでいたら、そのような時期で辛いのだなと理解し、ぜひ「調子悪いの?」「大丈夫?」などと優しい言葉をかけてあげてくださいね。

そしてこの更年期障害、男性にも起こることがわかっています。
原因は「男性ホルモン(テストステロン)の減少」。女性のように生理周期がないので、女性ほど急激な変化はおこらないと言われていますが、それでも日常生活に支障をきたすほどの不調に陥る方もいらっしゃいます。
症状も女性と同じような自律神経失調症状が主ですが、男性特有の症状として、

男性特有の症状

などが挙げられます。
男性の更年期障害は、女性に比べて認知度が低いこともあり、不調をなかなか理解してもらえないこともあります。更年期は気持ちも落ち込みがちになりますので、辛い時間が続くこともあります。
お互いに気遣い、声を掛け合っていきたいですね。

この時期には様々な症状があらわれるので、すべてを「更年期障害のせいだろう」と決めてしまいがちになり、他の病気を見逃してしまうこともあります。
まもなく2016年度のオートバックス健康ドックが始まります。4月中にはお手元にご案内をお届けできるよう、準備を進めております。今年もしっかり健康診断を受けて、自分の体のことを知りましょう。がん検診もお忘れなく。


ページトップへ