公告第116号 平成27年度の保険料率について

公告 第116号

平成27年度における保険料率が決まりましたのでお知らせいたします。

(1)健康保険料率(一般保険料率、調整保険料率)

平成27年度における健康保険料率は78パーミルから90パーミルに引き上げとなります。
平成27年3月分保険料(平成27年4月健保組合徴収分)から適用になります。
健康保険料率の内訳については次のとおりとなります。
table01

※ 調整保険料率に変わりはありません。

(注)
基本保険料率とは、保険給付費(医療費)や保健事業費等の自健保の費用を賄うために必要な保険料率
特定保険料率とは、自健保以外の国保や長寿医療制度に加入する高齢者を支援するため、国から拠出させられる納付金(*)に必要な保険料率
(* 納付金の内訳は納付金前期高齢者納付金、後期高齢者支援金、退職者給付拠出金等)

(2)介護保険料率

介護保険料率は、現行の料率による保険料収入で介護納付金を賄える見込であることから
13.6パーミルに据え置きます。
介護保険料率の内訳は次のとおりとなります。
table02

※ 平成27年度の「保険料月額表」はコチラをご参照ください。


どうして改定するの?

答えはコチラ