平成28年4月法改正について


平成28年4月法改正

保険料等に関する改正

①標準報酬月額等級が3等級追加されます
平成28年3月までは、最高等級が47等級(1,210千円)でしたが、4月より50等級(1,390千円)まで3等級追加されます。

②標準賞与額の年間累計上限額が変わります
平成27年度までは、保険料が徴収される賞与(千円未満切捨)の年間累計(4月~3月)上限額は540万円でしたが、平成28年度(4月以降支給分)から573万円へ変更されます。

①②改正に伴う対象ページ
» 保険料を納めます

給付に関する改正

③入院したときの食事療養標準負担額が変わります
平成28年3月までは、一般所得者は一食につき260円の負担をしておりましたが、4月より一食につき360円の負担になります。ただし、低所得者・指定難病患者等については、負担額は据え置きとなっています。

③改正に伴う対象ページ
» 入院したときの食事

④傷病手当金・出産手当金の計算方法が変わります
平成28年3月分までは、1日毎の標準報酬日額の3分の2相当額が支給されていましたが、4月1日分より支給開始日より直近12か月分の標準報酬月額を平均した額の30分の1(標準報酬日額に相当)の3分の2相当額が支給されます。直近の月が12に満たない場合等、詳細は対象ページをご確認ください。

⑤海外療養費申請書の添付書類が追加されます
平成28年4月より、「海外に渡航したことが確認できる書類の写し」と、「同意書」が必要になります。詳細は対象ページをご確認ください。

⑤改正に伴う対象ページ
» 海外で病気やけがをしたとき

その他の改正

⑥患者申出療養制度が創設されます
平成28年4月より、患者からの申出を起点とした、高度な医療技術や医薬品を迅速に受けられる仕組みとして、患者申出療養制度が創設されます。

⑦紹介状なしで大病院を受診する場合、別途費用がかかります
これまでも病床数200床以上の病院に紹介状を持たず受診した場合、特別な料金を徴収されることがありましたが、平成28年4月より※特定機能病院等に紹介状を持たず受診した場合、病院が患者に定額負担を求めることが義務化されました。(救急の初診や、やむを得ない事情がある場合等、定額負担を求めなくて良いと認められている要件に該当する場合を除く)これは選定療養として保険診療分と併用されますが、全額自己負担になります。
※特定機能病院・一般病床500床以上の地域医療支援病院

初診:5,000円以上の額(歯科は3,000円以上)
再診:2,500円以上の額(歯科は1,500円以上)
(他病院を紹介されたにもかかわらず再度受診した場合)

⑥⑦改正に伴う対象ページ
» 差額負担の医療を受けるとき