【5/30~6/6平日毎日更新】世界禁煙デー・禁煙週間

世界禁煙デーと禁煙週間

毎年5月31日は「世界禁煙デー」です!
(世界保健機関(WHO)が定めた喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指した取り組み)

世界禁煙デー

毎年5月31日~6月6日は「禁煙週間」です!
(厚生労働省が定めた世界禁煙デーからはじまる一週間)

禁煙週間テーマ
「2020 年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

たばこを吸う人も吸わない人も、たばこについて考える一週間になればと思います。
この一週間、たばこに関する情報を平日毎日アップしますので、ぜひご覧ください!

★☆ 禁煙相談実施中 ☆★

オートバックス健康保険組合では、保健師による禁煙相談を随時、無料で行っています。
禁煙の意思を固めていなくてもかまいませんので、ぜひ一度お話をお聞かせください。
※オートバックス健康保険組合加入の方に限ります。
<方法>
禁煙相談フォームはこちらから
URL:https://autobacs-kenpo.jp/non_smoking


たばことは

猛毒たばこはナス科の植物(たばこ)の葉を乾燥・加工して作られています。植物のたばこに含まれるニコチンは、化学物質としては毒物に指定されている猛毒です。子どもが誤ってたばこの葉を食べると、中毒を起こし、最悪の場合死に至ることもあります。

たばこの煙には、一酸化炭素やニコチン、中間産物的な無数の化合物が液状に集まったタールなど、身体に悪影響を及ぼす物質が含まれています。発がん性物質も多く含まれています。

なかなか禁煙できないのは、ニコチンには強い依存性があるからです。
タバコを吸うとき、快感や幸福感を生じるドーパミンのレベルが、通常時の2.2倍分泌されています。美味しいときが1.5倍なので、なんとおいしい食べ物を食べているときよりも幸福感を感じているのです。

ドーパミン

なかなかやめられないはずですね。やめられない喫煙は、ニコチン依存症なのです。
血中のニコチン濃度がある一定以下になると不快感を覚え、喫煙を繰り返してしまうのです。

そこで!明日の更新では「オートバックスのたばこ事情」&「ニコチン依存度チェック」をお送りします!お楽しみに

たばことは

オートバックス保険組合に加入されている皆様の喫煙率、高いと思いますか?低いと思いますか?
平成26年度の全国平均が19.6%であるのに対して、オートバックス健保は約45%!
被保険者だけでは、なんと約50%にもなります!事業所によっては60%を超える喫煙率のところもあります。

受動喫煙 つまり、非常に高いのです。ほとんどの方が喫煙や受動喫煙、サードハンドスモークの害にさらされていることになります。

☆ニコチン依存度チェック☆

ニコチン依存度チェック

低かった人⇒今がチャンス!
依存度が高くなる前に、比較的楽なうちに禁煙しましょう!
ふつうの人⇒今がチャンス!
これ以上依存度が高くなる前に、禁煙補助剤なども利用しながら禁煙しましょう!
高かった人⇒今しかない!
これ以上依存度が高くなる前に、禁煙外来など、専門家の力を借りながら禁煙しましょう!

→→明日は「受動喫煙(二次喫煙)」!

受動喫煙とは

受動喫煙受動喫煙(二次喫煙)とは
たばこの煙を吸わされること、また吸わしてしまうこと」です。
吸い口から喫煙者本人が吸うたばこの煙(主流煙)より、点火部から立ち昇る煙(副流煙)の方が有害物質の含有量がはるかに多く害があることは誰もが知っていることだと思います。主流煙の、ニコチンは2.8倍、一酸化炭素は4.7倍、アンモニアは46倍含まれています。

親が屋内で自由に喫煙する家庭のこどもの尿中ニコチン濃度は、親が喫煙しないこどもの15.2倍です。

受動喫煙のない社会 禁煙週間のテーマでもある、「受動喫煙のない社会」をみんなでつくりませんか?

→→明日は「サードハンドスモーク(三次喫煙)」!

三次喫煙とは

サードハンドスモークサードハンドスモーク(残留受動喫煙・三次喫煙)とは
タバコ煙がなくなっても、壁や衣類等に付着したタバコ煙にさらされること」です。
 たばこの臭いを想像するとイメージしやすいと思います。その場でたばこを吸っていなくても、喫煙者や喫煙席ではたばこのにおいがしますよね。たばこの煙が消えた後でも、たばこの有害物質は、壁やカーペット、カーテン、衣類、家具、ホコリ、髪などに付着していますし、また、喫煙者がたばこを吸い終わった後40分間は吐く息からもでていることが確認されています。

親が換気扇の近くまたは屋外で喫煙する家庭のこどもの尿中ニコチン濃度は、親が喫煙しないこどもの3.2倍多く検出されています。

禁煙が一番 家庭でのサードハンドスモークを予防するには、分煙では意味がないので、禁煙が一番です!禁煙がすぐに難しい場合は、せめて家に入ったらすぐに洋服を着替える、入浴するなどをして対処するといいですね。

→→最終回は月曜日!「禁煙サポート」

禁煙サポート

たばこについて正しい知識●たばこを吸う人にできること
まずはたばこについて正しい知識を身につけましょう。
せめてたばこを吸わない人の前では吸わないことにしませんか?
禁煙○日で断念は禁煙失敗ではありません。
たばこをやめたら太るし…上司とのコミュニケーションができなくなるし…
禁煙の言い訳になることの多くは、喫煙以外の方法で解決できます!

世の中には、禁煙をサポートしてくれるサービスはたくさんあります。
禁煙治療(禁煙治療薬、ニコチンパッチ、ニコチンガム)、禁煙外来、禁煙マラソン、禁煙相談…

専門家や禁煙成功者に相談してみませんか?

自分の身は自分で守る●たばこを吸わない人にできること
自分の身は自分で守りましょう。
喫煙所に近寄らない、外食時は禁煙の店または禁煙席を選び、「たばこ吸ってもいい?」には、勇気をだして断りましょう。
サードハンドスモーク対策もお忘れなく。
特に、お子さまや妊婦さんのいるご家庭では、ご家族みんなでたばこのない生活を送りましょう。

喫煙者の中には、やめられなくて困っている方も大勢います。
喫煙(ニコチン依存症)を責めるのではなく、禁煙をやさしくサポートしてあげましょう。

★☆ 禁煙相談実施中 ☆★

オートバックス健康保険組合では、保健師による禁煙相談を随時、無料で行っています。

<方法>
1.面談 ※当健保事務所横、健康管理室にてお待ちしております(東京都豊洲)
  <対応時間>平日9:30~17:30(土日祝除く)
2.禁煙相談メールフォームから
  URL:https://autobacs-kenpo.jp/non_smoking

禁煙の意思を固めていなくてもかまいませんので、ぜひ一度お話をお聞かせください。