医療費支払いの仕組み

 みなさんが病気やけがで医師にかかると、病院では、その治療費を1ヵ月分ごとにまとめて、保険者(健康保険組合など)に請求し、支払いを受けるのがたて まえです。しかし、全国には何万もの病院があり、保険者も何千もあります。それが、個々に請求し、支払いをしていたのでは、事務がたいへん繁雑になってしまいます。
 そこで、実際には社会保険診療報酬支払基金等の審査支払機関を通して請求・支払いをすることになっています。審査支払機関では、病院から回ってきた請求 明細書をチェックし保険者に請求してきます。支払いも、保険者が審査支払機関に支払い、審査支払機関から各病院に支払われることになります。これを図示す ると次のとおりです。
 高額療養費の支払い時期が診療月の3ヵ月後になるのは、このように、医療費の請求が審査支払機関を経由して健康保険組合に届くようになっているからです。

ページトップへ