コルセット、ギプス、義眼などを作ったとき現金給付


 コルセット、ギプス、歩行補助器、義眼などを必要とする場合は、本人が一時代金を支払い、あとで健康保険組合から基準料金の払い戻しを受けます。

下記の書類に必要事項を記入し、代金領収書に保険医の証明書をつけて、事業所担当者を通じて健康保険組合に申請してください。

手続書類:
»「療養費支給申請書
»「保険医の証明書」
»「領収書」
※靴型装具を作成した場合、平成30年4月1日より下記添付の書類が必要になりました。
»「装具(実際に装着する現物)の写真」

ページトップへ